スポンサーサイト
--/--/--(--)--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロックス漂流記
2009/07/12(Sun)14:26

7月12日 8:15
暑くて目が覚める。
既にワイフの姿は無く、子供と遊ぶ約束を思い出す。
「ちっ、俺1人かよ。よし。海に連れていこう。」
娘達が食い散らかしたパンをつまみテレビを付けた。
「まず、プリキュアだ。」


10:00
プリキュア、ドラゴンボール、ワンピースと一通り見てから行動開始。

「よし、行くぞ」
「どこに?」
「海。」
「やったー!!」
娘達の喜んだ顔をみてほっこりする。
ちなみに俺のあいつはもkk・・・。
車に乗り込んで「出発ちんこー!」


10:10
海に向かって走らせていると川の流れが目に飛び込んできた。
「川も気持ちよさそうだな・・・」
「うんうん。川にいきたーい」
「よっしゃ。計画変更だ!川に行こうぜぃ!」

俺は華麗にUターンを決めると昨日の夕飯がカレーだった事を思い出した。
(どうでもいい情報。)


11:00
川の情報が少ない娘達に川を語る。
「川って流れてるから気をつけないといけないんだ。水は冷たいし気持ちいいぞ!」
「海より冷たいの?」
「あぁ冷たいさ。キンキンだ。川をなめんなよ!」
「なめちゃおっかなー」(そっちのなめるじゃない。勝手になめてくれ。)


11:30
目的地に到着。
車を止めると同時に川に向かって走り出す娘達。
「ちょ、ちょっまてよっ」
「はやくはやくー」
「気を付けろよー」
「はーい♪」

どうしてもキムタクにはなれない・・・。

11:45
既にビチョビチョの娘達。

「あっやべ。着替え持ってきてないわ。ま、いっかっ」(ザ・能天気親父)

そこで事件が・・・
「あっ!あ~~~~~~!!!」
長女が叫んだ。
振り返ると川の流れに身をまかせたクロックスが!
そりゃ美空も、テレサもびっくりな川の流れに身をまかせである。
プカプカと気持ちがよさそうだ。

軽く走ったが追いつかない。
川をなめてたのは俺なのか・・・?

「な、諦めようか?」
「やだーーー!捕ってきて!」
「いや・・・無理っぽい。」
「ぎゃぁぁぁぁ」

まさかのメンドクサイ子ちゃんだ。

「じゃぁ車で追いかけよう。」
「・・・うん。」

車に飛び乗り川沿いの道を走った。

12:00

「見つかんないよ。諦めよ?」
「えー・・・」
諦めかけたその時だった。
「あーーー!あったーーー!」
次女が叫んだ。

小さい滝みたいになっている所でグリングリンともみくちゃになってるクロックス。

「ホントだwwwww」

見つけた時は10年ぶりに再会を果たした親子のような気持ちになった。
と、言ったら過言だ。
プチ感動ぐらいか?でもなんか嬉しかった。

12:10
「戻る?」
「ううん、帰る。」
「えw」
「川、もういいの?」
「もぉやだ。帰る」

まさかの帰る発言は次女。(何でお前が・・・)

長女の気持ちを代弁したのだろう。
長女は黙ったままコクンと、うなづいた。



そんな日曜日の昼下がり。
俺はビールを飲んじゃおうか悩んでいる。

我が娘Tシャツ

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。